女性芸能人

矢井田瞳の旦那は気仙沼出身で馴れ初めは?子供はダンスが上手!?

「ダリダリー♪」のフレーズで有名な名曲my sweet darlin’で一世風靡した矢井田瞳さん。

大ヒットを記録した「my sweet darlin’」は矢井田瞳さんの代表曲ともなり、当時はダリダリ旋風とも言われました。

当時はみんな「ダリダリー♪」と言っていました笑。

そんな矢井田瞳さんも現在44歳(2022年8月時点)になり、結婚もされています。

矢井田瞳さんの旦那さんとの馴れ初めが気になります。

また、矢井田瞳さんの子供はどんな子なのか気になりますね。

そこで今回まとめた内容はこちら

矢井田瞳の旦那は気仙沼出身?
矢井田瞳と旦那の馴れ初めは?
矢井田瞳の子供はダンスが上手!?

矢井田瞳の旦那は気仙沼出身?

矢井田瞳さんの旦那さんは気仙沼出身の方だと言われています。

矢井田瞳さんは結婚の発表を当時の「サイキンノヤイコ」ブログにて相手の方は1歳年上の東北出身で温かい人とコメントしていました。

※「サイキンノヤイコ」ブログは現在終了しています。

その後、矢井田瞳さんはブログに宮城県に訪れている風景をアップしたり「気仙沼は第二の故郷」という発言もされていたため、旦那さんは気仙沼出身なのではと言われるようになったんですね。

 

この投稿をInstagramで見る

 

矢井田瞳(@hitomi_yaida)がシェアした投稿

気仙沼の海藻、おいしい💕
私はポン酢か和風ドレッシングで食べるのがお気に入り😊

矢井田瞳さんの旦那さんが気仙沼出身というのは可能性が高いといえますね。

矢井田瞳と旦那の馴れ初めは?

矢井田瞳さんと旦那さんの馴れ初めですが、旦那さんとの出会いは、矢井田瞳さんが飲み友達と作った【宴(うたげ)】というチームの一人だったようです。

【宴(うたげ)】は友達の輪が広がってできた遊び仲間だそうですよ。

アプローチをかけたのは矢井田瞳さんからであり、「ご飯行こうよ」などど旦那さんに声をかけ、矢井田瞳さんが好きなスープカレーを食べ歩くデートをしていたそうです。

旦那さんもスープカレーが好きなのだそう笑。

とても微笑ましい馴れ初めですね。

 

矢井田瞳さんの旦那さんは一般の方で音響のお仕事をされている方なんだそうです。

矢井田瞳さんと旦那さんはお仕事を通して知り合ったかと思いきや、びっくりすることに一緒に仕事をしたことはなかったようですね。

旦那さんとの共通のお仕事である「音楽」を通しての出会いではなく、【遊び仲間の一人】というところが矢井田瞳さんぽいですね♡

矢井田瞳の子供はダンスが上手!?

矢井田瞳さんの子供がダンスが上手というのはどういうことなのでしょうか。

 

矢井田瞳さんは自身のInstagramにて子供のことを報告してくれています。

その中で矢井田瞳さんが子供のダンスを公開しているのですが、とっても上手なんです。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

矢井田瞳(@hitomi_yaida)がシェアした投稿

 

残念ながらお顔は隠されていますが、矢井田瞳さんの娘さんダンスがすごく上手ですよね。

習い事でダンスをされているんでしょうか、柔軟性があってとてもお上手です。

お洋服もお揃いで仲が良いことが伺えますね。

 

 

矢井田瞳さんは2009年10月28日に女の子を出産されています。

10月28日、無事に女の子を出産しました!!
顔を見た瞬間、「やっと…、やっと会えたね~!」と感動したのと同時に、
小さく、そしてとてつもなく偉大な命の重たさを抱きながら「人の親になったのだ」
と身の引き締まる思いでした

引用元:oriconnews

矢井田瞳さんの子供は中学1年生になりますね。(2022年時点)

 

 

また、矢井田瞳さんはあらたな公式ブログでファンからの質問にこのように答えてくれています。

Q:ヤイコはどんな子どもでしたか?また、自分とお子さんと「似てるなー」と思うことはありますか?

A:スポーツでも何でも1つのことに没頭するタイプでしたね。娘が何かにずっと心配するくらい集中している時は、「似てるなー」って思いますね。周りが何も見えなくなるところも(笑)。

矢井田瞳さんの子供も一つのことに集中するタイプのようです。

きっとダンスがここまで上手なのは矢井田瞳さんに似ていて集中力があるからなのかもしれませんね。

 

まとめ

さて今回は「矢井田瞳の旦那は気仙沼出身で馴れ初めは?子供はダンスが上手!?」と題しまして、矢井田瞳さんの旦那さんと子供のことについてお伝えしてきました。

 

矢井田瞳さんの旦那さんとは飲み友達で子供はダンスがとても上手なことがわかりました。

 

今後も矢井田瞳さんファミリーについて追記していきたいと思います。

 

それではまた!!

error: Content is protected !!