男性芸能人

【降谷凪】スイスの学校はルロゼ学院で特定か!留学理由についても

DragonAshの降谷建志さんとタレントで女優のMEGUMIさんを両親に持つ降谷凪さん。

2019年に公開された映画「ラストレター」で俳優デビューするなど、子役として注目されていましたが、その後は目立った活動はありませんでした。

しかし、2023年時点の情報によれば降谷凪さんはスイスに留学しているようなのです。

更に今回調査した結果、降谷凪さんの留学先はスイスのルロゼ学院が濃厚だということが分かりました。

この記事では「【降谷凪】スイスの学校はルロゼ学院で特定か!留学理由についても」と題しまして下記の内容についてお伝えしていきます。

まとめた内容はこちら

  • 【降谷凪 】スイスに留学していた!
  • 【降谷凪】留学したスイスの学校はルロゼ学院で特定!
  • 【なぜ?】降谷凪がスイスに留学した理由とは?

 

【降谷凪 】スイスに留学していた!

DragonAsh・降谷建志さんとMEGUMIさんの長男・降谷凪さんがスイスに留学していたことが分かりました。

降谷凪さんといえば、2020年に映画「ラストレター」で松たか子さんの息子役を演じ、俳優デビューを果たしたことで有名ですね。

 

しかし、一切メディアの前に姿を現すこともなく、その後の活動も白紙状態でした。

デビューした年齢はわずか10歳だったことからも、降谷凪さんは学業に専念するのでは?と言われていましたが、まさかスイスに留学していたとは衝撃ですね。

 

MEGUMIさんは、2023年2月に投稿したインスタで、息子の凪くんと一緒にスイスを2人で旅していたことを明かしていました。

 

この投稿をInstagramで見る

 

MEGUMI(@megumi1818)がシェアした投稿

スイスに来たのは息子の留学先だったということですね!




【降谷凪】留学したスイスの学校はル・ロゼ学院で特定か!

降谷凪さんが留学したスイスの学校名は公表されていませんが、記事によれば降谷凪さんは、学費が年間2000万もする名門校に通っていることが分かっています。

「息子の凪くんは2020年に公開された映画で俳優デビューもしました。都内の有名私立に入学しましたが、スイスの名門寄宿学校に留学もしているそうですよ。学費は年間2000万円ほど。教育への熱の入れようもハンパじゃないです」

引用元:週刊女性PRIME

留学先の国によっても学費はピンキリになりますが、年間1000万程かかると言われているアメリカでも「高すぎっ!!」と衝撃をうけてしまいますが、スイスの年間2000万は本当にすごい額ですよね!

 

 更にはその学校は、ルクセンブルクやブータンの王族、ロスチャイルド家などの大富豪の子どもが通う名門校なんだとか!

  • 留学先はスイスの寄宿学校(ボーディングスクール)
  • 年間の学費が2000万ほどかかる
  • 王族、大富豪の子女も入る学校

これらの情報を元に調査したところ、降谷凪さんが留学しているスイスの寄宿学校は「ル・ロゼ学院」という学校であることが特定できたのです。

ルロゼ学院は、創立1880年でスイスの学校では歴史があり、数多く存在するボーディングスクール(全寮制私立学校)の名門校して知られています。

ルロゼ学院は、なんといっても世界一学費が高い学校で有名です。

日本人も通っているルロゼ学院ですが、芸能人では高田万由子さんや、本木雅弘さんと内田也哉子さんの長男でモデルのUTA(内田雅樂)さんが12歳の時に通われていました。




【なぜ?】降谷凪がスイスに留学した理由とは?

俳優デビューを果たすもぱったりと出なくなってしまった降谷凪さんですが、スイスに留学した理由とは一体何なのでしょうか。

 

実は降谷凪さんの母・MEGUMIさんもアメリカに短期留学していた経験をもっています。

 

自身の経験もあって英才教育に力を入れているMEGUMIさんですから、高い教育水準を誇っているスイスのボーディングスクール(全寮制私立学校)は、凪くんに見合っていたのでしょう。

また、スイスは多言語国家で、フランス語、ドイツ語、イタリア語、ロマンシュ語の4つの言語を持っています。

グローバルな環境で語学が習得できるのも魅力の一つといえます。

 




 

error: Content is protected !!